未経験者でも大丈夫。介護の仕事のはじめ方

まずは介護職員初任者研修を取得

高齢化社会を支える為に介護の仕事をしてみたい、就職先がなく景気に影響されない介護業界で働きたいなど介護の仕事に興味があるという人は多いのではないでしょうか。介護の仕事を始める場合には、まず介護職員初任者研修という研修を受けるのが一般的な流れとなっています。この研修は以前はホームヘルパー2級という名称でしたが、訪問介護以外にも介護全般の仕事につくことができる研修として名称や内容が一新されることとなりました。介護職員初任者研修は都道府県が指定する学校やスクールで受けることができ、合計で130時間の研修を受講することで修了することが出来ます。介護の仕事を行う上での最低限の基礎を見につけることができる研修であり、修了することで多くの介護求人に応募することが出来るようになります。

介護の仕事は種類が豊富。自分にあった仕事が見つかる

介護の仕事といってもたくさんの種類があり、仕事内容は職場によって大きく異なります。まったくの初心者で、まずは経験を積みたいと考えている人は老人保健施設や老人福祉施設などの入所施設に就職するのがおすすめです。これらの施設には多くの介護職員がいることから、指導や教育を受けながら仕事を徐々に覚えていくことが出来ます。介護職員初任者研修を受けただけでは、残念ながら現場で即戦力として働くことは出来ません。先輩スタッフがたくさんいる施設に就職し、経験を積むことで他の職場でも通用する介護士になることが出来ます。入所施設以外では利用者の自宅に訪問して介護サービスを提供する訪問介護や、施設に通う高齢者に介護サービスを提供する通所サービスなどの仕事があります。これらの仕事は夜勤が少なく、日中しか働くことが出来ない人におすすめです。

介護の求人を東京で探してみるのもよいでしょう。介護の求人は、全国的にも多い傾向にありますが、人口が集中している東京は特に多いです。