介護の現場で働きたい!無資格者が介護業界で働くためには?!

介護業界への注目度は年々高まっています!

今後もさらに高齢化が進むことが予想されている日本社会において、介護業界への注目度は増々高まっています。近年では介護が必要な高齢者に提供されているサービス内容もさらに充実してきており、介護施設や事業所の利用者数は増加し続けています。入居型介護施設の一つである特別養護老人ホームでは、介護度の重い高齢者や重度の認知症を患った高齢者の入居を受け入れており、家族の介護だけでは限界がある高齢者が多く利用しています。入居一時金が不要で月額利用料も安く、24時間体制で介護サービスが受けられるため人気が高い施設です。しかし、地域によっては供給が需要に追いついておらず、場合によっては入居待期期間が数ヶ月から数年になることもあります。介護施設や事業所では常に人材の募集をしている状態で、多くの人が介護業界への就職・転職を希望しています。

介護の仕事を始めるには介護資格が必要?!

このように介護業界への就職・転職を希望している人の中には介護資格を持っていない人も多く、中には無資格のために介護の仕事で働くことを諦めてしまっている人もいます。確かに介護業界で働くにあたり介護資格を持っている方が有利であることは間違いありません。しかし、介護の仕事の中には無資格でもできる仕事もあり、無資格から介護の仕事を始めて、働きながら資格取得を目指す人もたくさんいます。介護施設や事業所によっては資格取得支援サービスなどを導入している場合もあり、そのような現場では資格取得費用の負担や勤務シフトの調整などを行ってくれることもあります。

介護の求人をおこなう施設は複数存在しています。資格を持っていることによってより収入を得ることが出来ます。