求人から就職へのルートは確立されており、ルートに乗るには学校などのコネが必要!

企業城下町では工場勤務もコネ採用

労働力を収集する求人は、人材紹介所やインターネット媒体など様々ありますが、最も信用力が高いのは学校で行なわれる求人です。求人後には面接など試験を経て採用されますが、学校へ求人が行われる時点で学校のレベル(偏差値など)は企業は把握しているため、学力が原因で不採用になることは稀です。毎年、学校は一定数の生徒を企業へ送り込むこんでいるため、景気が悪い時でも優先して本校の生徒を採用してもらえるメリットがあります。企業城下町にある高校の生徒は、成績優秀者から本社(もしくは本社工場)に近い部署へ、成績順で子会社そして孫会社、関連企業へと採用されます。公務員はコネ採用が度々話題になりますが、民間でもコネ採用は多く、モノづくりが盛んな日本では工場勤務でもコネがなければ本社工場への就職は難しいです。親が本社工場で働いており、定年で引退する時は実子を代わりに勤めさせることは可能、そのため実子は学校を卒業して本社工場に採用されなくても、系列の工場で働いていれば実親に代わって本社工場へ転職することが可能です。実子がいたポジションには、次の者がコネ採用をされるため、欠員の心配はありません。

世襲制がキッカケで真面目に

定年で引退する時に実子がいないもしくは他の仕事に就いている場合は、親戚を後釜に据えることもあります。これら世襲制は会社(工場)の規模が大きくなるほど顕著、世襲した者は次の代へ引き継ぐ役割を担っているため、学生時代にヤンチャをしていても就職すれば真面目に働きそして真面目に生活を送るようになります。

CADオペレーターの仕事に就くには、画像処理の技術を高めることや、専門分野の知識を得ることが大切です。