会社の産業医ってどんな人で何をしてくれるの?

産業医が必要な会社とは?

労働安全衛生規則によって、常時50人以上の会社では産業医選任が義務づけられています。会社の規模によって、50人以上3,000人以下は1人、3,001人以上は2人の産業医を置くこととなっています。50人未満の会社では産業医配置の義務はありませんが、健康管理に必要な知識を持つ医師等に職員の健康管理を行わせるよう努めなくてはならないという努力義務があります。

産業医の役割って何?

会社の職員が心身ともに健康で安全に働けるようにしていくことが、産業医としての役割です。そのために、職員の健康チェックをしたり、職員からの相談を受けたりするだけでなく、仕事の方法や衛生状態などが職員の健康に支障をきたす恐れがあるような場合には会社に勧告することもできます。そして会社は勧告を受けたときは、これを尊重しなければならないとされています。産業医には、過重な労働対策やパワハラ、セクハラ、そして最近重要となってきているメンタルヘルスケアなどの幅広い専門的な知識が必要です。

産業医はどのように選ばれるの?

産業医を選ぶときは、健康診断を実施している機関や地元の医師会から紹介してもらったり、資格を持つ開業医や安全衛生関係の会社に直接依頼する場合が多いです。また、産業医を確保している人材派遣会社もありますので、ここから派遣してもらう場合もあります。いざ選任するときは、会社の状況や産業医にやってもらいたいことなどのニーズをよく話し合います。例えば、メンタルヘルスケアの必要性が高いような職場では精神科や心療内科などメンタル面を重視した選任を行います。

産業医の募集の現状について知りたいことがあれば、各地の従業員の健康管理に積極的な企業の特徴を調べることが肝心です。