キャリアアップも夢じゃない?英語で広がる可能性!

英語が出来れば仕事にも有利!

英語を勉強しなければ、と思いつつ、苦手でついついそのままになっている方も多いのではないでしょうか。けれども、今や英語はキャリアアップへの強力な武器です。英語が出来ることで、将来就きたい仕事に就けるチャンスにも恵まれるかもしれません。英語が出来るのと出来ないのでは、そのような大きな違いがあるのです。

英語が使える仕事とは?

働いている会社が、海外にも進出しているなら、英語を使って仕事をする機会もあるでしょう。この時代、英語を使ってできる仕事は沢山あります。ありとあらゆる職種で英語を使うチャンスはあり、求められるレベルも様々です。なので、まずは自分がどの職種で仕事をしたいか、見極める必要があります。その上で、ただやみくもに英語力をつけようとするよりも、その仕事に求められる英語のレベルを把握し、目標を設定することが大切です。英語の資格試験などを受けてみれば、自分の今の実力が、目標まであとどれくらいか、はっきりと数字で分かります。

仕事で英語を使う!恥ずかしがらないことが大切!

どうしても文法にこだわりすぎるため、会話となると、とたんに話せなくなる人も多いのではないでしょうか。しかし、文法を完璧にマスターしてから話す練習をしよう、という考えでは、英語は上達しません。まずは、下手でもいいので、機会があればどんどん話す習慣をつけてみましょう。そして、自分の意見を、どんどん英語で発信してみましょう。沢山「話す」の経験を積んでこそ、英語の上達への道が開けると言っても言い過ぎではありません。

英語の転職はニーズが増えています。世界を意識している企業が増えてきているため、英語が使用される機会が多くなっているからです。