子育てと仕事を両立!3つのポイントとは?

完璧を目指さないこと!

子育てと仕事、どちらも頑張りたい気持ちは大切ですが、完璧を目指さないこともポイントです。もちろん、手抜きしてよいという意味ではありません。特に、依頼を受けた仕事はきちんとこなす必要がでてきます。そうすると、子どもに関わる時間が少なくなりがちですが、自分を責めたり落ち込んだりしないことです。子どもと触れ合う時間が短くなっても、きちんとスキンシップを取り、中身の濃い時間を共有することが大事ではないでしょうか。

スケジュールに余裕を持たせること!

仕事と子育て、どちらも無理なくこなすためにはスケジュールに余裕を持たせることも考えましょう。子どもとの関わりにおいて「後で」というセリフは避けたいところ。子どもが抱く興味を満たすためにも、質問にはリアルタイムで答えたいですよね。そのためには、仕事に追われないスケジュール管理が望まれます。在宅で仕事をするメリットがそこにあります。また、時間的に余裕を持つことで、急用に対応しやすくなるかもしれません。

まわりの好意に甘えること!

自分でスケジュール管理がしやすいという点では在宅ワークは理想的ですよね。また、目の届く範囲に子どもがいると安心できます。しかし、仕事中の公私混同は避けることが大切です。子どものお世話を頼める人が身近にいる人はお任せしましょう。配偶者が休みのときは、子どもと遊んでもらうとよいかもしれません。核家族化が進んで久しくなります。義両親の顔色を四六時中見なくてもよい反面、子育ての悩みを相談しにくい環境にいる人も増えています。子育ては自分一人で頑張るのではなく、まわりの好意に素直に甘えることをおすすめします。

シングルマザーの仕事がスムーズに進んでいくには、周囲で共に働く人の協力や、会社側の配慮などが必要不可欠です。